Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1971年作品リストへ]

「ゼフィルス」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1971年05月23日号 - 週刊少年サンデー 小学館 B5判 読切 -
1976年09月15日 ホームコミックス タイガーブックス1 汐文社 A5判 - -
1980年10月20日 手塚治虫漫画全集126巻 タイガーブックス6 講談社 B6判 -
1989年04月10日 - 手塚治虫名作集1 ホーム社 四六判 - -
1995年03月15日 集英社文庫 手塚治虫名作集1「ゴッドファーザーの息子」 集英社 文庫判 -
1996年12月20日 Lapita Books 昆虫つれづれ草 小学館 A5判 -
2003年09月01日 - 傑作ホラー選 集英社 B6判 - -
2007年10月30日 - ぜんぶ手塚治虫! 朝日新聞社 文庫判 -
2011年04月 手塚治虫文庫全集117 タイガーブックス(3) 講談社 文庫判 -
2019年01月15日 - テヅコミ Vol.04 マイクロマガジン社 B5判 -

『作品内容』
ぼくは昆虫採集に狂っていた。 今日こそはウラジロを採ろうとまた山に出掛けていった。 ウラジロは別名「ゼフィルス」と言い、これは西洋の妖精の名からとったものだ。

そんなぼくだから人の畑に入っていく事もしばしばだった。 あるお百姓さん(ヒゲオヤジ)のかみさんからいもドロボウの濡れ衣を着せられてしまった。 何としても真犯人を掴まえようとぼくは夜通し畑に粘った。 来た来た、ぼくくらいの少年だ。

彼はもちろん逃げるからぼくは追いかけた。 彼は病気の姉さんと二人暮らしで、引っ越したばかりだから配給も受けていなかったんだ。 ぼくは彼らのために家庭菜園から芋を持っていってあげた。

相も変わらずゼフィルスを追っていると、特高の男にあった。 彼は脱走兵を探しているという。 そんな男はぼくは知らない。 でも、あの少年なら何か知っているかもしれない。
しまった!!。
病気の姉さんが脱走兵で、彼は実は女でその恋人だったのだ。 気付いた時は特高の奴は小屋に走っていった。 二人は捕まってどこかへ連れて行かれてしまった。

B29は僕の村にも爆弾と焼夷弾を雨のように降らせ、ゼフィルスの住むあの森も焼けてしまった。 もう彼女たちとの鬼ごっこもできないのだ。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫マンガ漫画館(1977年)
手塚治虫全百科(1981年)
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫論(1992年)
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫博物館(1998年)
手塚治虫全史(1998年)
東京人 2008年12月号(2008年)
MOE 3月号(2016年)
親友が語る手塚治虫の少年時代(2017年)
手塚治虫展図録(2017年)
扉絵原画コレクション1971-1989(2018年)
アドルフに告ぐ<オリジナル版>(2020年)