Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第42話「赤ちゃんのバラード」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年09月30日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1975年03月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック4 秋田書店 新書判 -
1982年02月20日 手塚治虫漫画全集157巻 ブラック・ジャック7 講談社 B6判 -
1987年07月15日 豪華版 ブラック・ジャック3 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック3 秋田書店 文庫判 -
2004年11月10日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック3 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
スケバンマギーは駅のロッカーのキーを巻き上げる。 その中には何と赤ん坊がいた。 忘れようとしてもその赤ん坊の
事が忘れられないマギーはブラックジャックの元に連れて行く。 赤ん坊はクル病にかかっており、結局ブラックジャッ
クは治療を引き受ける。 しかしマギーはスケバングループに入っている事を両親(丸首ブーン:父親)に知られてしま
い、家から出られなくなる。 赤ん坊を心配する彼女だが、ある時テレビのニュースで赤ん坊が保護された事を知る。
ブラックジャックが通報してくれたのだった。

殴られる役で手塚先生が、 マギーの顔でヒョウタンツギが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>