Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[三つ目がとおるリストへ] [1974年作品リストへ]

三つ目がとおる
第2話「第三の目の怪(原題:赤い案内書)」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年08月11日 - 週刊少年マガジン 講談社 B5判 読切連載 -
1975年04月25日 講談社コミックス 三つ目がとおる1 講談社 新書判 - -
1980年03月20日 手塚治虫漫画全集107巻 三つ目がとおる7 講談社 B6判 -
1986年07月05日 KCコミックス251巻 三つ目がとおる1 講談社 B6判 - -
1998年12月10日 講談社漫画文庫 三つ目がとおる1 講談社 文庫判 -
2003年04月23日 プラチナコミックス 三つ目がとおる"三つ目登場" 講談社 B6判 - -
2004年12月01日 - 手塚治虫マガジン12月号 kkベストセラーズ B5判 - -
2012年05月02日 GAMANGA BOOKS 三つ目がとおる"三つ目登場" 小学館 B6判 -

『作品内容』
来来軒の主人(ヒゲオヤジ)は犬持博士に頼まれて写楽を引き取っていた。 写楽はそこで出前などを手伝っていたがへまばか
りしていた。 店員は写楽を慕う和登さんに振られ、写楽をいじめつづけていた。 ある時ばんそうこをはずした写楽は博物館に
展示してあった三つ目族の殺人棒を手に入れ、その店員を殺害する。 地下道に立てこもる写楽のおでこに決死の覚悟でばん
そうこを張る博士。

中華料理屋の主人で中村課長が出演(p.43)。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
僕らの愛した手塚治虫<激動編>(2012年)
僕らが愛した手塚治虫<復活編>(2016年)