Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1975年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第67話「ふたりのピノコ(原題:緑柱石)」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1975年03月31日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1975年04月07日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年01月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック10 秋田書店 新書判 -
1983年01月20日 手塚治虫漫画全集163巻 ブラック・ジャック13 講談社 B6判 -
1987年12月30日 豪華版 ブラック・ジャック7 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック7 秋田書店 文庫判 -
2004年12月25日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック5 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
ブラックジャックは見須洞市でピノコに良く似た少女に会う。 彼女は以前ある医学雑誌に載っていて、その写真を参考
にブラックジャックはピノコの顔を作ったのだった。 少女はロミといい、肺疾患に冒されていた。 彼女を診察している医
師にロミは公害病だ、と話すが彼はそれを受け入れようとしない。

ブラックジャックは槍津花市の誰永化学の中である病人を診察する。 彼は会社の流したベリリウムで回復不可能とな
っていた。 ブラックジャックは社長から口止め料を受け取り去っていく。 この会社にあの医師がやってくる。 実は社長
に買収され、公害病対策の治療ができずにいたのだ。 そんな中ロミはその小さな命を散らした。 怒りに震えるブラック
ジャック。 医師も会社を告発する事を決心するが、命を狙われ崖から落ちてしまう。 彼はブラックジャックが治療した。
ブラックジャックはロミの墓を参り、町を去っていく。

社長秘書(?)でハム・エッグが、 その他クッターが出演している。

<参考文献:チャンピオンコミックス>