Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第112話「望郷」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年03月01日号 - 週刊少年チャンピオン 秋田書店 B5判 読切連載 -
1982年01月20日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック22 秋田書店 新書判 -
1995年02月16日 手塚治虫漫画全集366巻 ブラック・ジャック19 講談社 B6判 -
2000年01月 秋田文庫 ブラック・ジャック15 秋田書店 文庫判 -
2001年02月 豪華版 ブラック・ジャック15 秋田書店 四六判 -
2005年01月20日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック8 秋田書店 新書判 -

『作品内容』
猫生島は島全体がコンクリートで囲まれていたことから「要塞島」と呼ばれていた。 しかし,海に有毒物質を垂れ流し
たことから動物から始まった中毒症状は人間に及び,ついに住む人も無い孤島となってしまった。 やけっぱちの両
親も中毒に罹り,命を落とす。 そして父親(力有武)は死ぬ前にその慰謝料をブラックジャックに託していた。 ブラック
ジャックは毎月やけっぱちに学費を渡すために会っていた。 彼は島へどうしても帰ろうとして聞かない。 ブラックジャッ
クは島へわたってみる。 そしてそこで猫を見る。 その猫の血液や尿からは毒は検出されなかった。 3年の間に海は
毒をすべて中和していたのだ。 ブラックジャックはやけっぱちに残りの金をすべて渡し,去る。

ヒョウタンツギ(p.35)出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
「地上最大の手塚治虫」展(2012年)