Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1976年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第137話「震動」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年09月06日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1977年08月25日 週刊少年チャンピオン増刊 ブラック・ジャック特集号 秋田書店 B5判 - -
1978年05月25日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック14 秋田書店 新書判 -
1982年12月20日 手塚治虫漫画全集162巻 ブラック・ジャック12 講談社 B6判 -
1987年11月15日 豪華版 ブラック・ジャック6 秋田書店 四六判 -
1993年07月 秋田文庫 ブラック・ジャック6 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
ブラックジャックのいた飲み屋は新幹線の震動でよく揺れていた。 そこに居合わせていた八はその所為で過去に妻を
2回流産させているという。 この日も酔いつぶれて帰っていったが,途中震動に頭に来,石を蹴る。 この石が新幹線に
あたり,そして飛んでいった先で八の妻の腹を貫いてしまった。 急いで帰る八だったが腸管破裂を起こしていた。 ブラ
ックジャックが治療をしようとするが,八は治療代なんか払わないという。 ブラックジャックははじめから治療代は国鉄
からもらうつもりだった。 手術が続けられる中,震動は続き,このままでは手術の続行は不可能となってしまう。 八は急
ぎ,公衆電話に走り国鉄に電話をして新幹線を止めるように頼む。 それからしばらくは新幹線も止まり,手術は無事終
わるのだった。

八の仲間の着ているシャツの絵柄でヒョウタンツギ(p.107)が, また新幹線の乗客でランプクッターノールス・ヌケト
ール
タコヒゲオヤジが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
ぼくのマンガ人生(1997年)