Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1977年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第153話「フィルムは二つあった」
(原題:ある監督の記録)

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1977年01月01日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1979年03月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック17 秋田書店 新書判 -
1983年04月20日 手塚治虫漫画全集166巻 ブラック・ジャック16 講談社 B6判 -
1995年08月10日 豪華版 ブラック・ジャック14 秋田書店 四六判 -
1996年09月 秋田文庫 ブラック・ジャック14 秋田書店 文庫判 -

『作品内容』
世界的な映画監督・野崎舞利(ヒゲオヤジ)が新作を発表した。 しかし、彼は記者団(ラムネ,カルピスノールス・
ヌケトール
六角さん)の質問に対しても内容は明らかにしなかった。 野崎はブラックジャックを訪ね、ある記録映
画のために手術をしてほしいと依頼する。 患者は彼の息子であり、デルマトミオージスに冒されていた。 ブラックジ
ャックは5000万円の手術料と助手を一人付けることを条件に出す。 野崎とスタッフら(クッター丸首ブーンムッ
シュー・アンペア
)は準備を進め、ブラックジャックの家で撮影が始まる。 ブラックジャックは助手として辰巳(どろん
)に依頼する。

手術は無事終り、息子も元気になった。 しかし、医師連盟で試写を行ったところ、会長は無免許医の手術シーンの
ある映画は買えない、という。 落胆する野崎の前にブラックジャックが現れ、もう一つのフィルムを渡す。 そこには
辰巳の場面だけが編集されており、ブラックジャックは出演していなかった。

テレビ番組の司会でノラキュラ、 医師でガロンが出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>

『図版使用書籍』
ダ・ヴィンチ2月号(2003年)