Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1981年作品リストへ]

「グロテスクへの招待」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1981年9月号 - 月刊少年ジャンプ 集英社 B5判 読切 -
1982年03月20日 手塚治虫漫画全集127巻 タイガーブックス7 講談社 B6判 -
1995年05月25日 集英社文庫 手塚治虫名作集5「はるかなる星」 集英社 文庫判 -
2001年07月10日 ちくま文庫 手塚治虫SF傑作集「異星人編」 筑摩書房 文庫判 二階堂黎人・選
2004年10月01日 - 手塚治虫マガジン10月号 kkベストセラーズ B5判 - -

『作品内容』
勇作は小さい村に住んでいて、毎日海で泳いでいた。 ある日、ネリという寂しげな雰囲気を持つ少女と友達になる。 彼女は目の見えないばあやと二人で住んでいた。

しかし勇作は時にはネリの髪の毛が変になっていたり、顔がうろこだらけになっていたりするのを見るのだった。 ばあやから両親の手紙を見せてもらうとそこには驚くべき事が書いてあった。 ネリは自分の好きになったものを体に取り込んでしまうのだ。 両親もネリの体の一部となって姿を消していた。 勇作はネリにもう何も好きになってはいけない、と強く言う。

忠実にそれを守ったネリは学校に入る事もできるようになった。 その入学祝に、と勇作はネリに人形を贈る。 しかし、勇作が気付いた時にはネリは人形を体に取り込んでしまった。 勇作が東京の学校にいく事になった時、ネリは勇作の事が好きだと告白する。 思わず後ずさりする勇作にネリは自分は二番目に好きな海と一緒になるといって、海の中に姿を消した。

勇作の父親で中村課長が出演。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫論(1992年)
手塚治虫マンガ大全(1997年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
手塚治虫全史(1998年)