Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[鉄腕アトムリストへ][1951年作品リストへ]

鉄腕アトム
「アトム大使」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1951年04月号
〜1952年03月号
少年 - 光文社 B5判 読切連載 -
1958年11月10日 手塚治虫漫画全集10巻 鉄腕アトム5 光文社 A5判 - -
1964年01月01日 カッパコミックス 鉄腕アトム1 光文社 B5判 - -
1965年12月05日 カッパコミックスデラックス 鉄腕アトム1 光文社 B5判 - -
1969年10月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム15 小学館 新書判 - -
1976年02月16日 サンコミックス 鉄腕アトム15 朝日ソノラマ 新書判 - -
1979年10月20日 手塚治虫漫画全集221巻 鉄腕アトム1 講談社 B6判 -
1983年10月10日 - ヒョウタンツギタイムス19 手塚治虫ファンクラブ京都 B5判 漫画少年版復刻 -
1985年02月01日 - ヒョウタンツギタイムス22 手塚治虫ファンクラブ京都 B5判 予告編収録 -
1992年11月24日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム1 講談社 四六判 -
1995年10月 光文社文庫 鉄腕アトム1 光文社 文庫判 -
2000年01月 サンデーコミックス 鉄腕アトム15 秋田書店 新書判 -
2002年06月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム1 講談社 文庫判 -
2003年04月07日 - 鉄腕アトム
HAPPY BIRTHDAY BOX
光文社 A3判 復刻版
2009年09月17日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.1 ジュネオン B5判,ほか 雑誌掲載版の復刻
2011年04月29日 鉄腕アトム<オリジナル版>復刻大全集 unit.7 復刊ドットコム B5判,ほか 漫画少年掲載版の復刻
2015年08月30日 長編冒険漫画 鉄腕アトム5 復刊ドットコム A5判 光文社版の復刻

『作品内容』
自分たちの星が爆発したために人々はそれぞれの国ごとに宇宙艇に乗ってさまよっていた。 タマオケン一はアメリカ艇に行きたくなり,
宇宙の外に出るがとても追いつけず救命艇のお茶の水博士らに救出される。 その後彼らはもう一つの地球を見付け,そこに不時着する。

町に出てしまったタマオは宇宙劇場の団長(ムッシュー・アンペア)にだまされロボットであるアトムとサーカスで対決させられる羽目に陥る。
しかし,サーカスには地球人のタマオ家族が見に来ていてタマオはそれに乗じて逃げ出す。 彼が宇宙人であるということが判明し,地球人
お茶の水博士ヒゲオヤジらは宇宙艇の居場所までタマオに案内され出掛けていく。

地球への移住を即答できない博士たちだったが,各国が宇宙人の受け入れを表明したためそれに追従する。 しばらくは仲良くしていた地
球人と宇宙人だったが,地球の食事を口に仕出す宇宙人が増え食糧不足に陥ってしまう。 宇宙人の天馬博士は地球人の天馬博士に自
分の発明した細胞を縮小する薬の話をする。 ところがアトムを手に入れようとした宇宙人の天馬博士に対し,地球人の天馬博士はその薬
を浴びせてしまう。

それからは天馬博士直属の赤シャツ隊による宇宙人狩りが始まってしまう。 宇宙人たちは地球人達に対し宣戦布告を行う。 それを止める
ために交渉役となったのは宇宙人でもなく地球人でもないアトムだった。 彼は宇宙人と地球人を半分ずつ金星などの天体に移住させると
いう提案を行い争いを止める。

サーカスの客で豚藻負児(p.47), タマオ達のクラスメートで四部垣が出演。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『一口メモ』
あの「鉄腕アトム」の原形となった作品だが,本作品ではアトムは脇役に過ぎない。

『映像化』
鉄腕アトム-第7話「アトム大使」-
(1963年:虫プロ制作・テレビアニメ)

『図版使用書籍』
アサヒグラフ4月29日号(1977年)
ユリイカ 2月号(1983年)
漫画超進化論(1989年)
アサヒグラフ2月24日号(1989年)
わたしの手塚治虫体験(一):真崎守著(1990年)
手塚治虫論(1992年)
月刊広告批評2月号(1996年)
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫全史(1998年)
誕生!「手塚治虫」(1998年)
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
文藝別冊 手塚治虫(1999年)
メトロポリス The Movie メモワール(2001年)
漫画少年物語(2002年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)
週刊100人(2003年)
私のこだわり人物伝(2005年)
原画の秘密(2006年)
描きかえられた「鉄腕アトム」(2008年)
僕らの愛した手塚治虫2(2008年)
僕らが愛した手塚治虫<復活編>(2016年)
手塚治虫の世界(2017年)
鉄腕アトムの世界(2017年)