Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ライオンブックスリストへ][1956年作品リストへ]

ライオンブックスシリーズ
「来るべき人類」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1956年08月号 - おもしろブック 集英社 B5判 付録 -
1969年06月10日 手塚治虫全集 鉄腕アトム12 小学館 新書判 - -
1979年07月27日 - ヒョウタンツギタイムス9 手塚治虫ファンクラブ京都 B5判 復刻 -
1983年10月30日 手塚治虫漫画全集275巻 ライオンブックス6 講談社 B6判 -
1995年10月23日 集英社文庫 手塚治虫名作集19「緑の猫」 集英社 文庫判 -
2008年03月31日 おもしろブック版 ライオンブックス 小学館クリエイティブ B5判 完全復刻版

『作品内容』
第一次金星探検隊は金星にもう7年も滞在していた。 隊員の黒木(ヒゲオヤジ)は隊長の草津(ウイスキー)に地球へ帰ることを進言する。 地球へ帰ることになり一同が集められるが、草津は重大なことを発表する。 地球は7年前に行われた新型兵器の実験で放射能に覆われたのだった。 彼らは今どうなっているかもしれない地球に向けて出発する。

そこでは放射能のために体の弱った人類が細々と生活していた。 地球救済連盟員の佐渡桶佐氏(オッサン)なども全く向上心というものを失っていた。 草津等はとうとう金星への移住を話し合う。 しかし、息子のヨシ男は反対し、父に1ヶ月だけ猶予をくれと話す。
彼はある少女あやを治そうと努力する。

その間に草津に反発する黒木と安来(ハム・エッグ)は地球に住む元秘密工場の主任ランプと手を組んで、地球中の兵器を手に入れようと企む。

1ヶ月たち、あやはすっかり歩けるようになったが、草津等は既に評決を取り金星に行くことを決めていた。 そして草津は安来によってデブブタ島に拉致されてしまった。 黒木と仲の良いヨシ男は彼らを説得するために島へ向かう。 そこでヨシ男は黒木と打ち合いになってしまい、打ち勝つ。 彼は父を連れ島を爆破してしまうのだった。

草津は島にいる間に放射能に冒されていた。 ベッドから日の出を見る草津はもう一度やり直そうか、と考えるのだった。

アメリカ人でフランケンシュタインが、 病人で手塚先生が、 探検隊員でヒョウタンツギが出演している。

<参考文献:講談社全集>

『図版使用書籍』
手塚治虫の世界(1989年)
手塚治虫の軌跡(1992年)
手塚治虫大全(1997年)
手塚治虫全史(1998年)
私たちの手塚治虫と会津(2000年)
手塚治虫の奇妙な資料(2002年)
手塚治虫マガジン'04年9月号(2004年)
手塚治虫表紙絵集(2016年)