Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1976年作品リストへ]

鉄腕アトム「シルバータワー」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1976年04月号 - 月刊少年ジャンプ 集英社 B5判 読切 -
1976年09月30日 サンコミックス 鉄腕アトム・別巻 朝日ソノラマ 新書判 - -
1982年11月20日 手塚治虫漫画全集252巻 鉄腕アトム・別巻2 講談社 B6判 -
1993年11月22日 豪華愛蔵版 鉄腕アトム14 講談社 四六判 -
1995年12月 光文社文庫 鉄腕アトム14 光文社 文庫判 -
2000年05月 サンデーコミックス 鉄腕アトム・別巻1 秋田書店 新書判 -
2002年11月 講談社漫画文庫 鉄腕アトム12 講談社 文庫判 -
2005年08月05日 ぴっかぴかコミックス 鉄腕アトム2 小学館 A5判 -

『作品内容』
外務大臣(ランプ)からイランの砂漠の中に出来た物体を調査するように言われて出掛けたアトム、お茶の水博士
とアブラ・アゲン(丸首ブーン)。 それは石油の井戸のようであったが周りが銀粉で覆われていた。 アブラ氏はそこ
に登る途中で蛇にかまれて命を落とす。

中に入った博士とアトムは少なくとも一千年は経っている2体のロボットと干からびた食料などを見付ける。 博士が
どこかに触った拍子にロボットは動き出し、二人を宇宙人だと勘違いする。 彼らは地球に立ち寄った宇宙人の宿
で接待をするロボットだった。

歓待される二人。 部屋には多くの宇宙人が残していったのであろう得体の知れないもの(ママーの置物など)が置
かれていた。 千年ぶりに地上の様子を見るアダムとイブという名のロボットは空気が汚れ、水が汚され、緑の減っ
ていることに気付く。 夜が明けて自分が地球人だと打ち明ける博士はそのとたんに掴まってしまい、アトムも両手
を縛られてしまう。

彼らは地球を汚した人間が許せないのだ。 そして人間を抹殺するために変形をして出て行く。 身動きの出来ない
アトムは自ら両手をマシンガンで打ち砕き、自由を得る。 博士を助けた後に外へ出、体当たりによってアダムとイ
ブを砕く。

彼らは最後に言う。
「人間がいるかぎり地球はもうだめじゃ」
と。 博士にその事を聞かれるアトムは答える。
「ぼくは思いません!!」
と。

<参考文献:講談社豪華愛蔵版>

『一口メモ』
手塚先生がアトムを真剣に描いた最後の作品(小学二年生版アトムキャットは除く)。 その最後のセリフが上記
のもので締められていることに涙を誘われる。

『図版使用書籍』
手塚治虫マンガ大全(1997年)
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
鉄腕アトムコンプリートブック(2003年)
図説鉄腕アトム(2003年)