Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[ブラック・ジャックリストへ][1974年作品リストへ]

ブラック・ジャック
第26話「パク船長」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1974年06月10日号 週刊少年チャンピオン - 秋田書店 B5判 読切連載 -
1974年11月30日 チャンピオンコミックス ブラック・ジャック3 秋田書店 新書判 -
2003年08月 秋田文庫 ブラック・ジャック17 秋田書店 文庫判 -
2004年01月20日 オールカラー版 ブラック・ジャック 秋田書店 四六判 -
2004年11月10日 チャンピオンコミックス 新装版ブラック・ジャック2 秋田書店 新書判 -


『作品内容』
嵐の夜、ブラックジャックの元にびしょぬれになった男(佐々木小次郎ら)が訪ねてきた。
怪我人がいるので来てほしいという。 ところが車が向かったのは海岸だった。 彼らはそこからボートに乗り、ある船
まで行く。 船の船長が怪我をしていたのだ。 この船は密航船だった。 彼らの国では自由が無く、本国へ送り返され
たら死刑だという。 そのせいで海上保安庁に救助信号を出す事もできないのだ。 とりあえず船長の応急処置は終
るが、船の底から水が入ってきており、全員をボートで陸に送るという。 ブラックジャックは船長をだまし、海上保安
庁へ無電を打つ。 しかし、乗組員達は危険なボートでの上陸を試みる。 翌日海岸の上には多くの死体が並んでい
たのだった。

船の水を掻い出しているのはラムネとカルピス。 最後の見物人でハム・エッグレッド公ノタアリンが登場。
同場で田鷲警部が出演。

<参考文献:チャンピオンコミックス>