Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1950年作品リストへ]

「漫画大学」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1950年08月20日発行 - 漫画大学 東光堂 B6判 描き下ろし単行本 -
1975年04月01日 虫の標本箱 漫画大学 青林堂 B6判 復刻 -
1977年11月20日 手塚治虫漫画全集39巻 漫画大学 講談社 B6判 -
1980年06月25日 手塚治虫初期漫画館 漫画大学 名著刊行会 B6判 復刻 -
1993年09月01日 小学館叢書 手塚治虫初期傑作集7 小学館 四六判 -
1995年01月25日 角川文庫 漫画大学 角川書店 文庫判 -
2004年10月10日 ちくま文庫 手塚治虫西部劇傑作集 筑摩書房 文庫判 抜粋

『作品内容』
ナンデモカンデモ博士による実例を挙げた漫画指南。

<第一話>
お尋ね者のモンスターがやってきたある西部の街はなんと動物と人間が差別なく暮らしていた。 動物も人間の言葉を
話し、形式的とはいえ、ハム・エッグのように人間と動物の夫婦さえもいたのだ。 彼はそこでひょんな事からシェリフに
任命されてしまう。 しかし、そこで出会ったのがかつての強盗仲間のマックロウ(ブク・ブック)。 結局彼らはニューオー
リンズで勉強をしてきた兎のピックによって倒されてしまう。
クッター出演。

<第二話>
いくらでも金貨の出る財布を手にした青年がいた。 しかし、多額の金は結局彼を含めて多くの人を不幸にしてしまう、
というお話。
花丸博士ヒョウタンツギ出演。

<第三話>
トム(ケン一)は母親に黙って牛乳を飲んでしまう。 しかし、それをザァマス夫人(レッド公)の飼いネコの仕業にする。
そのネコが死んでしまったために世は毒ミルク事件へと発展し、刑事のヒゲオヤジラムネ,カルピスらを巻き込んで
騒然となる。
ロックランプムッシュー・アンペアボローキンが出演。

<参考文献:角川文庫>

『図版使用書籍』
ユリイカ 2月号(1983年)
手塚治虫大全(1997年)
フィギュア王 no.11(1998年)
手塚治虫博物館:小林準治著(1998年)
手塚治虫キャラクター図鑑1(1998年)
手塚治虫全史(1998年)
SF Japan Vol.03 手塚治虫スペシャル(2002年)
手塚治虫の「新宝島」(2007年)
僕らが愛した手塚治虫<復活編>(2016年)