Google
WWW を検索 手塚治虫のすべてを検索



[1985年作品リストへ]

「ゴブリン公爵」

発行日 種類 タイトル 発行所 判型 備考
1985年09月06日号
〜1986年02月28日号
- 週刊少年チャンピオン 秋田書店 B5判 連載 -
1990年03月25日 チャンピオンコミックスエクストラ ゴブリン公爵1 秋田書店 B6判 - -
1990年04月15日 チャンピオンコミックスエクストラ ゴブリン公爵2 秋田書店 B6判 - -
1995年09月16日 手塚治虫漫画全集352巻 ゴブリン公爵1 講談社 B6判 -
1995年10月17日 手塚治虫漫画全集353巻 ゴブリン公爵2 講談社 B6判 -
1996年10月 チャンピオンコミックス ゴブリン公爵1 秋田書店 新書判 -
1996年10月 チャンピオンコミックス ゴブリン公爵2 秋田書店 新書判 -
1999年05月 秋田文庫 ゴブリン公爵1 秋田書店 文庫判 -
1999年07月 秋田文庫 ゴブリン公爵2 秋田書店 文庫判 -
2011年10月 手塚治虫文庫全集171 ゴブリン公爵 講談社 文庫判 -

『作品内容』
<PART.1>
1976年,中国の安陽で湖南大学の周博士(須武田教授),沈先生(オッサン)を中心として発掘調査が行われていた。 そこへ高級外車で現われた一人の少年。 高飛車な彼は鬼といい,江青の甥であった。 調査現場で縦穴の底に多くの殉死者の骨が出土する。 そして更に鬼が「燈台鬼」と呼ぶ巨大な頭の像が出てくる。 その像を引っ張り上げようとした所クレーンは地滑りで穴の底に落下し,沈先生が命を落とす。 そこに見えたのは大きな手だった。

<PART.2>
嵐のその夜,継母からローソクを買いに行かされた愛愛。 途中の地滑りで燈台鬼のある穴に落ちてしまう。 凍える中,彼女は燈台鬼にローソクを灯す。 そこへ同じ事をしようとした沈鬼は彼女にその理由を問いただすが,燈台鬼の手が彼を押さえつけ眼をあける。 愛愛がローソクの灯を消すと燈台鬼は動きを止めるが,穴の中は水びたしになっていく。

<PART.3>
病院に運び込まれた沈鬼と愛愛。 その沈鬼の頭に愛愛の声が聞こえてくる。 そして愛愛は部屋にあるメスを宙に浮かしていた。 つぎには小瓶を,枕を。 一方,遺跡の現場では燈台鬼の部品がすべて発掘され,一体の巨大な像が組み上げられていた。 その頃愛愛の部屋には継母が現われ,彼女を強引に連れて行こうとする。 逃げ出した愛愛は燈台鬼のローソクに火をつけ,立ち上がったまま母の前に現われる。
病院の医局員で鍬形陽介の家庭教師が出演。

<PART.4>
立ち上がった灯台鬼は愛愛の継母を押しつぶし,町へと進んでいく。 ちょうど同じ頃,周先生は甲骨文の翻訳を終わり衝撃を受けていた。 そこへ沈鬼が現われ,その真相を聞く。 燈台鬼は人間の心を移して動かすことのできる巨人だった。 真相を知った周先生を殺害した沈鬼は燈台鬼が元いた場所で愛愛が燈台鬼の心になっていることを知る。

<参考文献:週刊少年チャンピオン>

『一口メモ』

『図版使用書籍』
手塚治虫の軌跡(1992年)
こころにアトム(1995年)
手塚治虫マンガ大全(1997年)
手塚治虫博物館(1998年)
手塚治虫全史(1998年)
ダ・ヴィンチ8月号(1998年)
原画の秘密(2006年)
フィギュア王No.129(2008年)
僕らの愛した手塚治虫<激動編>(2012年)
手塚治虫美女画集(2014年)
「バンパイヤ」第二部完結編(2014年)
手塚治虫ぴあ(2016年)
扉絵原画コレクション1971-1989(2018年)
手塚治虫キャラクター名鑑(2024年)